前へ
次へ

医療にかかわる仕事をしている人に必要なこと

医療従事者は患者の心に寄り添わなければいけないということがあります。中には言葉の暴力を振るう医療従事者もいます。その言葉がひどいとは感じていないのかもしれませんが、不安を煽るだけになることもあるので、言葉には十分注意をしなければいけません。病気や怪我の時には人の心は弱ってしまうということがあります。ですからちょっとした言葉によって傷ついてしまうことがあります。患者に対して配慮をするということも求められてきます。また医療従事者の中で大きな声を出して指示をしたりということもできるだけ避けたほうがよいでしょう。救命救急など常に緊張感が求められる現場では怒鳴るということも場合によっては必要になるかもしれませんが、それ以外の場合には不愉快になるだけなので、避けるべきです。言葉1つで救われるということもあるので、言葉そのものを選んで話すというスキルも必要になってくるでしょう。寄り添えない人は医療関連の仕事には向いていません。

Page Top